脱毛サロンの効果と痛みや注意点について

itamitokouka

現在、私達が受ける事が出来る脱毛には大きく分けて2つの脱毛法が有ります。
1つは医師がいる医療機関で受けられる医療脱毛で一般的にはレーザー脱毛と言われる方法。
もう1つはエステサロン等で行われる光脱毛と言われる方法です。

この2つの脱毛法の最も異なる点は、脱毛の施術に使用されれ機器の違いによって、脱毛する部位に照射されるレーザーの強さに違いが有る事です。

医療脱毛の方がエステの光脱毛より強いレーザーを照射します。
その為、脱毛の効果が高い反面、脱毛の施術に痛みを伴うと言う面を持ち合わせております。

一方、エステで行われる光脱毛は、照射されるレーザーが弱い為、感じる痛みはやや弱い反面、脱毛の効果がやや薄いとされております。

これらの事から、痛みに敏感な方や初めて脱毛を受ける方にとってはエステサロンで受ける事が出来る光脱毛がお薦めの脱毛方法とも言えます。

では、脱毛時に何故痛みを感じるのかその理由を考えてみましょう。その理由は光脱毛の仕組みにあると言えます。

人の毛は、毛根と呼ばれる人の皮膚で作られますが、その元になる毛母細胞の中ではメラニン色素が作られそれが元になり黒々とした毛が生えて来ます。

光脱毛の仕組みは、その黒い色に反応するレーザーを照射する事で、毛の生えて来る元になる毛根を破壊してしまう事で毛が生えて来る事を抑える働きが有ります。

その為、人の皮膚にレーザーを照射する事によって、皮膚に無数にある毛根をレーザーで破壊する事は毛根その物を焼く事になる為、人の皮膚は少なからずともやけどと同じ症状を起こし、それが脱毛時の痛みとして感じられてしまいます。

特に太い毛が多い場合や毛の本数が多い場合には、レーザー照射によって破壊される毛根の数も多くなる為、より強い痛みを感じる様になります。

次に、脱毛による痛みと脱毛の効果に付いて考えて見ましょう。
脱毛サロンで行われる光脱毛は比較的痛みが少ないと言われますが、痛みを感じると言う事は照射されるレーザーによって毛根を破壊し脱毛の効果が得られていると考える事が出来ます。

その為、ほとんど痛みを感じない脱毛の施術は脱毛の効果が小さく、痛みの強さはイコール脱毛の効果が高いと言えます。

但し、痛みの感じ方は人によって異なり痛みに敏感な方の場合には、脱毛時に照射されるレーザーが強すぎる事が考えられます。

その為、高い効果を得る事が出来たとしてもその後の肌トラブル等も心配ですので、脱毛の施術を行ってくれるエステシャン等にその事をきちんと伝え、照射レーザーの出力を下げてもらう等の処置を行う事が大切です。

又、痛みを感じ易い人の場合には、サロンによって塗り薬タイプの麻酔薬を使用し感じる痛みを減らす処置を行ってくれたり、脱毛部位の肌の状態を確認し痛みに耐える事が出来る肌なのかを確認するバッチテストを行ってくれるサロンも有るので、事前に相談して見る事も大切です。

次に脱毛サロンでの施術に当たっての注意点ですが、脱毛効果を高める為に照射するレーザーを強くした場合、肌へのダメージが大きくなり、やけどの様な症状や肌荒れなどを起こしてしまう場合が有ります。

脱毛サロンは医療脱毛とは異なり医師が施術を行う物では有りませんので、万が一肌トラブル等を起こしてしまった場合のケアと言う面では不安が残ります。

その事から、脱毛サロンで初めて脱毛を行う場合には、ご自身のお肌の状態をサロンのエステシャンにきちんと伝え、照射されるレーザーを弱くしてもらう等が必要になる場合が有ります。

照射するレーザーを弱くしてしまう事で脱毛の効果を得るための時間は長くなってしまますが、余り痛みを感じずに脱毛を進める事が出来ますので遠慮する事無く相談する様にしましょう。

関連記事:結局どっちがお得?悩みがちな全身脱毛プランのそれぞれの注目点

2017年7月21日 脱毛サロンの効果と痛みや注意点について はコメントを受け付けていません。 脱毛情報